生産体制Works

工場内のご紹介

エアーシャワー
工場入室前にエアーシャワールームを通り、清潔な状態で工場内に入るようにしています。
原料投入機
超低速コンベアーにて、安定した原料投入を行います。
磁力・バイブレーター異物除去機
10,000ガウスの磁力により、金属片等を除去し、特殊加工したふるい板にて粉等を取り除きます。
風力異物除去機
軽異物(毛髪・ビニール・海藻)と重異物(石・ガラス・金属)を風力にて選別します。
帯電式異物除去機
毛髪・ビニール・糸屑等の帯電性異物を高電圧で吸引し、粘着テープでキャッチします。
目視検品コンベアー
ラインの最終で行う目視検品ライン。丁寧に検品を行うため処理能力60~80kg/時間(人員4名)にしております。
熟練作業員による最終確認
機械では除去しきれなかったエビやカニ、貝殻などの異物を熟練作業員が人の目によってチェックを行います。
自動計量機 2基
自動計量機(コンピュータースケール)1機あたり10個の計量ホッパーを使い、最大1分間に45回の計量が可能で、1500~2500袋/時間 の生産が可能です。
包装&検品
数人で包装していき、流れてくる食品をチェックしていきます。
出荷準備
最終的に再度金属探知機を使用し、チェックを行い、ウェイトチェッカーを通し商品の重さを確認し出荷します。